「ほっ」と。キャンペーン
2009年 09月 15日

08/24・25 西の函嶺~瀬野八~その3

ぼくの夏休み・その7です。
・・・山間に日の差し込む頃、まだ緑の生い茂る夏の風景の中、一仕事終えた紅葉色のシェルパが降りてくる。
d0046073_2113817.jpg
2009/08/25 07:10 山陽本線 八本松~瀬野、EF17-40mm F4L




d0046073_2123937.jpg
2009/08/25 07:55 山陽本線 八本松~瀬野、EF17-40mm F4L
冷え込む山間には秋の便りが見え隠れしている。そんな景色にシェルパの鮮やかな紅葉色が飛び込んできた。
d0046073_2145450.jpg
2009/08/25 08:13 山陽本線 八本松~瀬野、EF70-200mm F2.8L IS
貨物列車にとっては十分な脅威となる16.7‰。この裏には急勾配22.2‰を表す標記が控えている。
d0046073_2183579.jpg
2009/08/25 08:28 2070レ 山陽本線 瀬野~八本松、EF70-200mm F2.8L IS
d0046073_21102389.jpg
2009/08/25 08:28 2070レ 山陽本線 瀬野~八本松、EF70-200mm F2.8L IS
強力機EF66-100ですら喘ぎ上って来る。この地点を越えればサミットまではもう一息。俄然モータ音も駆け上がる。
d0046073_21122427.jpg
2009/08/25 08:29 2070レ 山陽本線 瀬野~八本松、EF70-200mm F2.8L IS
急勾配、そして急カーブにも足元を掬われるEF66を黙々とサポートし続ける。山の上まで無事に届くようにと。
d0046073_21154649.jpg
2009/08/25 09:08 1054レ 山陽本線 瀬野~八本松、EF24-105mm F4L IS
サミットとなる八本松駅を通過。あれほど唸りを上げていた本務機もシェルパも静かに過ぎ去って行く。
d0046073_21174376.jpg
2009/08/25 09:32 山陽本線 西条駅、EF24-105mm F4L IS
拙者達が西条駅に戻るとシェルパが先を急ぐ列車を待っていた。昼間は塒で休み、また夜から明け方まで
重い貨物列車を黙々と押し上げる毎日が続くのだろうか。ただひたすらに・・・。

・・・なんだか表現の引き出しが少ないので似たような文章になってしまいましたね。思っていたより評判は
良かったようですが、写真とそれに合う文章やフレーズが浮かんだ時にまた挑戦する事にします^^;

明日からは普通に戻りますのでm(_ _)m

by wisteria_apr | 2009-09-15 08:52 | 鉄道(JR貨物) | Trackback | Comments(12)
トラックバックURL : http://wiste.exblog.jp/tb/10212339
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by yoshioyaji at 2009-09-15 10:20 x
おみごとです。
毎回これだと雑誌の方は売れなくなってしまいますね。
未だにこのような難所があるとは知りませんでした。
Commented by wisteria_apr at 2009-09-15 11:48
>yashioyajiさん、こんにちは。
毎回こんな具合に写真が撮れて文章やフレーズが思い浮かべば、ですが^^;

鉄道でも難所やボトルネックは採算が合えば改良していくのが常ですからね。
とは言え瀬野八は当分、こんな方法で続けていくと思いますよ。
おかげで鉄道ファンとしては嬉しい限りですけど^^
Commented by team_wild_birds at 2009-09-15 14:34
こんにちは♪
いい景色の中ですねぇ(゜∇^d) グッ!!
かなりの急こう配のようですね。花と機関車の配置でうまく表現されてさすがです^^
急勾配といえば、急こう配を登った先にある広場でのタカの写真も楽しみにしています(笑)
Commented by Everfield at 2009-09-15 15:18 x
こんにちはです。
雑誌風シリーズ、大変楽しく読ませていただきました!^_^
貨物関係は詳しくないので、解説としても有り難かったです。

瀬野八は普通電車で通過したことしかないのですが、
沿線からはこんな見応えある絵になるんですね。
里山を縫うように、うねって登る感じがたまりません。
いつか実際に観てみたいなと思いつつ、朝起きる自信が…w
Commented by wisteria_apr at 2009-09-15 17:44
>野鳥探検隊さん、こんにちは♪
結構思ったより視覚効果の得られた写真になりました。もしかするといつもの
パターンで水平がきちんと取れていない可能性もありますが・・・^^;

鷹の渡りは行きたいですね。天気が良ければゴーヨンと三脚を担いで
山に登ろうと思います。後は飛んで来てくれれば・・・^^v
Commented by wisteria_apr at 2009-09-15 17:46
>Everfieldさん、こんにちはです。
コメントを付けたいけど、その分野に詳しくないから付けられないと言う声が
一部でありましたので、瀬野八の魅力を伝える為にこんな記事になりました。

今回は興味を持たれた方が多そうなので、次回の記事で少し参考となる
データも提示するようにします^^
Commented by kotodaddy at 2009-09-15 18:45
このシリーズはwisteriaさんの新境地でしたね^^
ちょっとポエムっぽさも感じて見事でしたよ。
私のは「大げさな作文」になってしまい、短文でこういった情緒感は出せません^^;
Commented by at 2009-09-15 22:19 x
こんばんは。
皆さんおっしゃるように寡黙に働くEF67の姿が伝わってきます。

S字カーブ、トラロープが張られているようですが....
年代物なのか、目立たないですね。
Commented by ryotadesuga at 2009-09-15 22:25
こんばんは。
貨物いいですねえ^^
コスモスも小輪系できれいに咲いていますね^^
Commented by wisteria_apr at 2009-09-16 10:02
>kotodaddyさん、こんにちは。
私はkotodaddyさんのユーモアあふれる文章は好きですよ^^
読みながらどんなオチが来るのか楽しみですし。

こう言うので長文にすると完全な説明文となってしまうので、なるべく短くて
印象に残りそうな言葉を探して書き並べてみただけです・・・^^;
Commented by wisteria_apr at 2009-09-16 10:04
>虎さん、こんにちは。
見た目は派手なEF67ですが、仕事はかなり地味ですからね・・・。
その特性・性能上、貨物列車の先頭に立つ事は未来永劫無い訳ですし。
常に後ろで支え続ける姿は、お言葉を借りるとまさに「寡黙」ですね。

虎ロープは私が最初に来た時からすでに張られていましたね。編成写真
ではないので、個人的にはあまり気にせず撮る事にしています。
Commented by wisteria_apr at 2009-09-16 10:06
>ryotadesugaさん、こんにちは。
ほんの1,2株の秋桜だったので、望遠で切り取る事にしました。
もう少し沢山咲いていれば、撮り方もまた変わったかも知れません。

私にとって、貨物列車は力強さと迫力が一番の魅力です^^


<< 08/24・25 西の函嶺~瀬...      08/24・25 西の函嶺~瀬... >>