2009年 10月 03日

08/18 東武博物館その2

風邪ですが、鼻づまりや倦怠感などは無くなったのですが、乾いたような咳が続いています。
喉の状態がイマイチの様で、仕事柄電話で話す事が多いので、喉飴は暫く欠かせないかもしれません・・・。

--------
もう一つ屋外展示されているのは、こちらも相当古そうな電気機関車ED101です。
流石にこれが活躍していた当時は生まれてすらいないので、現役時代は判りません^^;
少し調べてみると、東武が昭和3年に製造したイギリス製の「デッカー」で、昭和48年に近江鉄道へ譲渡。
平成16年に廃車されて近江鉄道に保存されていたのを、東武博物館リニューアルの際に持ってきたようです。
d0046073_11121891.jpg




d0046073_11125173.jpg

d0046073_111346100.jpg

d0046073_11141637.jpg

d0046073_11144596.jpg

d0046073_1115848.jpg
ディック・カー・アンド・カンパニー(Dick, Kerr & Co.)のプレートです。
コレを略して「デッカー」と呼ばれているそうです。イギリス製の古い電気機関車の事を全部そう呼ぶものだと思って
いましたが、ちゃんと意味が有ったんですね・・・。今回調べて初めて知りましたよw

by wisteria_apr | 2009-10-03 14:09 | 鉄道(大手私鉄) | Trackback | Comments(4)
トラックバックURL : http://wiste.exblog.jp/tb/10287129
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by qchan1531 at 2009-10-03 18:25
これ、やっぱり撮りたくなりますよね。
この磨り減り具合がなんともいえない。
この博物館はいいところですよね。子供も大好きですよ。
Commented by wisteria_apr at 2009-10-03 20:18
>qchan1531さん、こんばんは。
もう少し広い場所でゆったりと展示して欲しい所ですが、そこは大手とは言え
JRとの差が感じられるような気がします。東武鉄道辺りはSL時代から
運輸実績があるので、年代物も色々あるのでしょうね^^

個人的には模型っぽい所も好きですよ。
Commented by at 2009-10-04 00:25 x
こんばんは。

デッカーの銘板、どこかで撮ったよなぁと思っていたのですが...
浜松工場に置いてあったELにも付いてませんでしたっけ?
日本では、デッカーの技術を導入したのが東洋電機らしいです。

前の回、コメントし損ねたのですが...
5700系に、ブレーキ弁が2つ付いていて驚きました。
機関車みたいですよね。
Commented by wisteria_apr at 2009-10-04 07:23
>虎さん、おはようございます。
浜工に展示されていたED18-2にも側面に同じプレートが付いていましたよ。
念のため、自分が撮影した写真でも確認したところ、まさにこれが^^
ED18は文字以外の部分に車体色を色差ししていましたが、同じでした。

5700形は自弁と単弁が付いていたようですね。昔の車輌ならではでしょうか?


<< 08/18 東武博物館その3      08/18 東武博物館その1 >>