「ほっ」と。キャンペーン
2010年 04月 07日

03/19 交通科学博物館その2

思ったより狭い博物館でしたが、その分中に詰め込んでいるような印象がありました。
もし予算などに余裕があるのなら広い場所でゆったりと見られる施設にして貰えると嬉しかったりしますね^_^
d0046073_17404764.jpg
EF24-105mm F4L IS
151系こだま。今やこだまは500系V編成にまで変わってしまいました。とは言え今でも色褪せることの無いスタイル
を持っていると思います。後方確認用のフェンダーミラーが時代を感じますね。



d0046073_17423978.jpg
EF24-105mm F4L IS
運転台は意外と高く、段差も大きいのに驚きました。その分視界は良好なので、運転するには都合が良い様です。
d0046073_1744142.jpg
EF24-105mm F4L IS
当然こちらにもJNRロゴが入っています。赤文字だと思っていたのですが、思いっきりメッキのプレートですね。
d0046073_17452213.jpg
EF24-105mm F4L IS
思わずこう言うものにも反応してしまいました。架線などの金具ですが、意外としっかりと見られる機会が無いです。
こうしてケースに入れていると、銅の輝きもあるのでちょっとした貴金属っぽく見えてしまうのは私だけ?
d0046073_1747939.jpg
EF24-105mm F4L IS
東名高速を走っていた国鉄バスの1号車だそうです。何となく絵本などでも良く見かけた記憶が残っています。
d0046073_17481226.jpg
EF24-105mm F4L IS
このロゴマークは「ついったー」でよく見かけます。とある方のアイコンになっていますので・・・^_^
d0046073_17492120.jpg
EF24-105mm F4L IS
屋外展示場にも足を運びました。キハ81系なども気になりましたが、個人的にはこちらを撮りたかったので。
DD13とDF50です。特にDE50は四国などで貨物列車を牽引する姿の写真を各所で見ていたので、一度は
実車をと思っていました。この機関車が重連で貨物牽引などで活躍する姿をこの目で見たかったですね。
d0046073_17512769.jpg
EF24-105mm F4L IS
そしてもう一つ、悲運の機関車でもあるDD54の特徴ある1軸台車。ドイツ製の大出力エンジンにシャフトが
耐えられなかったり、エンジンのメンテナンスに手間がかかったりと、活躍場面が少なかった機関車でした。
ふと思うと、電気式ディーゼルのDF50と箱型スタイルのDD54、これらを掛け合わせたのが現在、北海道で
活躍しているDF200(レッドベアー)なのかもしれませんね。何となくそう感じました。
d0046073_1756325.jpg
EF24-105mm F4L IS
何処か欧米風な外見。このスタイリングだと当時の国鉄車両の中でも、かなり浮いていたでしょうね。
d0046073_17563651.jpg
EF24-105mm F4L IS
運転台は国鉄っぽくシンプルな造りです。ココも拘ってしまうと現場が混乱したでしょうから・・・。
d0046073_17583775.jpg
EF24-105mm F4L IS
出雲のHMを付けて快走していた写真を拝見した事がありますが、今となっては幻の場面になってしまいました。
d0046073_17593992.jpg
EF24-105mm F4L IS
中に戻った際に見かけたポスター、戦時中らしい時代を感じますね。今でも世界各地で戦争がありますが、
可能ならこう言う時代が来ることの無い様に願いたい物です。

by wisteria_apr | 2010-04-07 00:16 | 鉄道(JR在来線) | Trackback | Comments(14)
トラックバックURL : http://wiste.exblog.jp/tb/10925661
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by hayabusa47 at 2010-04-07 08:14
おはようございます。
ここって40年以上前の小学生時代に遠足で出掛けたような?違うかなあ(^^:
DD54という機関車は当時福知山線で走ってたような記憶がありますけど、自信ありません(汗)
Commented by かずきパパ at 2010-04-07 08:21 x
おはようございます。

このバスを待っていました(爆)
何回見てもこのゴツい感じがたまりませんねー。

幼い頃「つばめのマーク」に引き付けられた一人です。
Commented by wisteria_apr at 2010-04-07 09:50
>hayabusa47さん、おはようございます。
昔からある博物館ですから、遠足などでは定番のスポットだと思います。
私が帰る頃には幼稚園と思われる団体も見学に来ていましたので^^

DD54は山陰本線や福知山線で活躍していましたので、おそらく当時の
活躍も見ていらしたと思いますよ。年数的には短かったようですが・・・。
Commented by wisteria_apr at 2010-04-07 09:52
>かずきパパさん、おはようございます。
私は最初に見た時に、何故か懐かしいと思ってしまいましたよ。
周りの処理などが当時を思わせると言うか、何となくアメ車っぽいような^^

国鉄と言えばツバメマークですよね。球団までツバメでしたし・・・。
Commented by 703 at 2010-04-07 10:15 x
こんいちは。
古い車両っていうのは、室内の塗装は基本的にこの色なんですね~。
パノラマカーもこんな色していました。
DF50は、当時友人に買ってきてもらった、
関西線のさよなら運転の記念切符を持っていたります^^;
Commented by wisteria_apr at 2010-04-07 10:27
>703さん、こんにちは。
薄緑色と言いますか、国鉄私鉄問わずこの色が採用されていますね。
おそらく緑色系統は落ち着くからだと思いますが、古い車輌の特徴ですね^^

DF50もDD54も博物館でしか見られていないのが少々残念です。
とは言え今普通に見ている車輌達が、いずれ同じ様になってしまうのかと
思えば、時代の流れなのかなとも思ってしまいますよ。
Commented by kanga at 2010-04-07 13:25 x
151系のJNRのプレートいいですねぇ。リバイバルはつかりの時にステッカーのJNRマークしか見たことがありません。やっぱり鋳造された独特の感じがいいですね。
仙台とかの583にも付けて欲しいかも・・・です(^^)
Commented by wisteria_apr at 2010-04-07 14:00
>kangaさん、こんにちは。
確かにJNRのプレート、583系辺りには是非付けて欲しいですね^^
リバイバル運転やカラー変更をするくらいなのですから、ここまで凝って
欲しい所です。もしかすると国鉄清算事業団辺りに禁止されている可能性
もありますけど・・・。
Commented by namasute at 2010-04-07 17:51 x
こんにちは。
小学校の修学旅行はDF50に牽かれてお伊勢参りでしたよ。
客車は43系だったかなあ。東海道区間はEF58でした。
DF50は日豊本線で富士、彗星を引っ張ってましたし風格がありますね。
Commented by wisteria_apr at 2010-04-07 18:29
>namasuteさん、こんばんは。
おお、そんな修学旅行だったとは。バス移動の私に比べると羨ましいです。
DF50で加太越え!?と思いましたが東海道線経由でしたか・・・^_^;
日豊本線でのブルトレ牽引や晩年の四国での重連貨物なんて姿は
写真でしか拝見できなかったのが、年代的に残念でしたよ。
Commented by at 2010-04-07 21:22 x
こんばんは。
交通科学館、環状線の高架下有効利用策と言うこともあって、狭いと言えば狭いのですが...
鉄道車両をたくさん並べられるのも高架下だからかもしれません。

DF50は晩年四国で活躍していましたね。
その縁からか、愛媛県西条市の「十河信二記念館」に展示されています...

東名高速バス、富士重の車体(エンジンは三菱ふそう)なのですが...
あの車体を見ると、高速バスの代名詞のような気がします。
富士重も、バス車体や気動車の生産から撤退して久しいですねぇ...
Commented by kotodaddy at 2010-04-08 07:53
先生、質問です。ナゼに電車にフェンダーミラーが必要なんでつかw
走りながら後ろを確認しなくちゃいけない事って電車でもあるのかなぁ。
コアな電車ファンではないですけど、神田にあった交通博物館には何度も
行きましたし、昔に営業サボッて葛西の地下鉄博物館とか行きましたよw
Commented by wisteria_apr at 2010-04-08 09:53
>虎さん、おはようございます。
折角色んな車輌や資料が有るので、もう少しゆったりとした環境であれば
と思っていまうのは、都市部の一等地と考えると贅沢かもしれません。

富士重工はバスも車輌も撤退してしまいましたからね。寂しいものです。
昔のバスの方が大きさでは無い迫力がありましたね^^
Commented by wisteria_apr at 2010-04-08 09:55
>kotodaddyさん、おはようございます。
フェンダーミラーですが、後方確認用でしょうね。走行中では無く発車時や
停車時に使っていたのだと思います。車で言うバック運転もあったのかも
しれません。

考えてみると秋葉原時代は何度か行っているはずなのですが、あまり
記憶にないのは何故だろう・・・。やはり動態保存派だからでしょうか^_^;


<< 3/19往きは「ラピート」、帰...      03/19 交通科学博物館その1 >>