2011年 03月 13日

Mar-11-2011

先日2011年03月11日に発生した大地震にて被災された方々に、お見舞い申し上げます。
以前、災害に関するドキュメント番組が有り、CGで津波による被害をシミュレートしていたのを思い出しました。
金曜日からのニュース等で見た映像は、あのCG映像が現実であるという事実を突き付けられた訳です・・・。

----
3/11(金)はいつも通り会社に出勤。該当の時間はちょうど会議中であり、あまりに揺れが大きいので会議室から
メインの勤務場所であるセンターへ移動。TVや緊急地震速報の通知システムも設置されており、状況を把握する
と共にこれから忙しくなると確信しました・・・。

業務関係で一通り落ち着いたら、今度は通じない携帯電話を使って家族の安否確認。親姉妹の安否は姉を
経由してメールを何とか受信出来ましたが、奥さんとは携帯同士と言う事もあり全然通じず。しかも携帯電話
が途中からメールを自動受信されない設定になって更にどうしようもなく。幸いにして17時頃に電話が通じて
お互いの声を聞く事が出来て安堵・・・。お互いの確認をした後はメールやツイッターのログを見て自宅の状況
を確認する事が出来ました。

結局、鉄道が全面運休(特にJR線)した関係でシフト勤務者の代替えが利かず、自身も24時間勤務となる事に。
奥さんには帰れない旨をメールして、また電気の供給状況やら他の事も心配しながら朝を迎えました・・・。
最終的には10時半ごろ、職場を出発。相変わらず動きの悪いJRを避ける為に、あえて京急線の駅まで30分
かけて歩いた後は、遅れつつもしっかり運行されていた京急線を駆使して最寄駅まで到達しましたよ。
帰宅時にお互いの顔を見た時は、正直ほっとしましたね。大した被害なども無い自分達でこう思ったくらいです
から、現地で被災されて家族と離れ離れになった方々の心労と心配は相当なものと思います。無事に再会して
一緒に復興へ進まれる事を切に願うばかりです。自分達も何か手伝えればいいのですが・・・。

被害状況などが明らかになるにつれて、自分が行った事のある街が写り、その変わりように驚きました。
d0046073_1554569.jpg
2006/09/04 岩手開発鉄道
岩手県大船渡市、今回の地震に伴う津波の被害でほとんどの建物が押し流されてしまいました。この写真は
それなりに内陸に入った場所ではありますが、川沿いと言う事も有り被害に有った可能性もあります。夏くらい
にまた再訪問しようかと考えていた事も有り、また見るのを楽しみにしていたのですが・・・。

被災された方々が「いつもの生活」に1日でも早く戻れる事を願いつつ、今日の更新と致します。

by wisteria_apr | 2011-03-13 15:10 | 雑談 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://wiste.exblog.jp/tb/13118166
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< 1週間が経ちました      連絡です。 >>