「ほっ」と。キャンペーン
2012年 08月 25日

7/28 セノハチ前編

西の函嶺とも呼ばれる山陽本線の隘路、瀬野~八本松(通称:セノハチ)。久しぶりの訪問となりました。
d0046073_16374981.jpg
2012/07/27 EF24-105mm F4L IS USM
こちらはスカイレールサービス線に乗った際、麓の瀬野駅付近を通過して行った貨物列車です。セノハチ専用の
後補機「EF67」は見ての通りオレンジ色のとても目立つカラーリングとなっております。




d0046073_16375248.jpg
2012/07/28 EF24-105mm F4L IS USM
こちらは最初に予定していた踏み切りに到着した直後に通過して行った、回送機関車。このデッキ付きEF67が
今度落成するEF210-300番台に置き換えられる予定となっているそうです。EF60ベースですからねぇ・・・。
d0046073_16375415.jpg
2012/07/28 EF70-200mm F2.8L IS USM
こちらも回送機関車。補機として広島貨物ターミナル~西条で活躍し、切り離された後は単機で戻る訳です。
d0046073_16375757.jpg
2012/07/28 EF70-200mm F2.8L IS USM
実際に貨物列車に連結される側は、0番台は大型のデッキが、100番台は小さいデッキとシリコン緩衝器が付いて
おります。EF210-300番台も恐らくEF67-100番台に近い作りになると思うのですが、どうでしょうねぇ。
d0046073_16375992.jpg
2012/07/28 EF70-200mm F2.8L IS USM
d0046073_163818.jpg
2012/07/28 EF70-200mm F2.8L IS USM
EF200が唸りをあげてやってきました。結構な速度で急勾配を駆け上がってきますが、モータ音・ブロア音共にトンネルや山に響き渡るレベルです。通過時のブロアも随分と生暖かく感じました。
d0046073_1638495.jpg
2012/07/28 EF70-200mm F2.8L IS USM
以前、EF67-100番台はシングルアームパンタに換装していたのですが、いつの間にか普通の下枠交差型に
戻されてしまったのですね。何か不具合でも発生したのでしょうか?でもEF210-300はシングルアーム・・・。
何処か検索してみるとしましょうかね。

by wisteria_apr | 2012-08-25 16:51 | 鉄道(JR貨物) | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://wiste.exblog.jp/tb/16692002
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by strike-freedum at 2012-08-26 12:34
普通は真ん中のドアがある方が新しい感じするけどココは明らかに古臭いですもんねw  

運転手もこの区間専属だったりするのでしょうかね? 
Commented by wisteria_apr at 2012-08-26 17:50
>まるちゃん、こんにちは。
EF65などを見ると貫通路無しが古くて、有りのPFが新しいのですが何故か
ここは逆になっていますね。運転士はどうでしょうかね?補機運用組と
通常の本務機運用組で分かれているかもしれませんね。


<< 7/28 セノハチ後編      7/27 夕暮れの広電 >>