2013年 11月 02日

10/12 山陰お礼参りの旅 出雲大社

今月後半に自分が誕生日と言う事もあり、一足先に奥さんからプレゼントを貰いました。
d0046073_16502961.jpg
2013/11/02 GRD4
クランプラーのバッグです。ストラップは購入した時のおまけ。一眼レフを買って純正以外のストラップを付けるの
は初めてかもしれません。ともあれ、今まで使っていたTIMBUK2のメッセンジャーバッグ(L)は引退です。
5~6年は使っており、鹿児島空港での離陸時に座席上の荷物棚の扉を押し開けてしまい、人の上に落下しそう
になったのもある意味思い出です(その時は止むを得ず、ベルトを外して荷物を押し込んで事なきをえました。)
まぁ、総重量6kg以上の金属とガラスの固体が人に当たった日には、怪我だけで済むかどうかですから^_^;

--------
とそんな思い出話はさておき、今回の旅行最大の目的地はココでした。5年前に独りで来て縁結びをお願いした
結果の報告と言った所かもしれません。お蔭様で知人/友人等の良縁に恵まれ、妻となる女性とも巡り合えた訳
です。正直、随分と遅いお礼参りになってしまった感は否めませんが・・・。



d0046073_16503514.jpg
2013/10/12 EF24-105mm F4L IS USM
沿道は以前の昭和感漂う雰囲気から、少し今時のお店が増えておりました。
d0046073_16503779.jpg
2013/10/12 EF24-105mm F4L IS USM
d0046073_16503917.jpg
2013/10/12 EF24-105mm F4L IS USM
相変わらず大きな鳥居です。ここでボランティアの方が写真を撮って下さりました。こう言う時はTZ-40の様な
便利なコンデジが良いですね。5D3とか渡されても困るでしょうし・・・。そう言えば某友人は何処かで1D系で
写真を撮ってもらった事があったそうで・・・、真似出来ません。
d0046073_165042100.jpg
2013/10/12 EF24-105mm F4L IS USM
d0046073_16504784.jpg
2013/10/12 EF24-105mm F4L IS USM
d0046073_16495847.jpg
2013/10/12 EF24-105mm F4L IS USM
d0046073_1650186.jpg
2013/10/12 EF24-105mm F4L IS USM
d0046073_165036.jpg
2013/10/12 EF24-105mm F4L IS USM
遷宮が終わったこともあり綺麗になっていた本殿。しかし若い女性グループが多い気がします。男性だけのグ
ループは殆ど見かけませんでしたね。後は家族連れだったりカップルです。
d0046073_1650690.jpg
2013/10/12 EF24-105mm F4L IS USM
神楽殿にある大注連縄。昔はお金を投げて引っかかると良い事があると言われていましたが、最近はネットで
カバーをしてしまい、お金を挿す事ができません。
d0046073_1650872.jpg
2013/10/12 EF24-105mm F4L IS USM
やたら大きな国旗が見えると思っていたら、ココでしたか・・・。
d0046073_16501097.jpg
2013/10/12 EF24-105mm F4L IS USM
境内に掲げられていた絵馬の微笑ましいもから、生々しいもの、業の深いものと色々楽しみながらお礼参りは
終わりました。なお、新しい縁結び守りを買おうと思いましたが、随分と並んでいたので以前買った古いものを
そのまま持ち帰ることにしました。引き続きお願いしますと言う事で。
d0046073_16501330.jpg
2013/10/12 TZ-40
綺麗に改築されており確証は無いのですが、以前も同じお店だと思われる鳥居近くの田中屋さんで出雲そば
を堪能しました。これでこの旅でのそばは3回目です。1回目は城崎温泉の夕食に出てきた出石そば、2回目
は亀嵩駅のそば、そしてココのおそば。うどん派の自分ですが、今回の蕎麦はいずれも美味しかったです。

by wisteria_apr | 2013-11-02 17:04 | 建築物写真 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://wiste.exblog.jp/tb/19910850
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< 10/12 山陰お礼参りの旅 ...      10/12 山陰お礼参りの旅 ... >>