Wisteria-Terrace@Photo-Diary

wiste.exblog.jp
ブログトップ
2014年 06月 04日

5/2 三岐鉄道・三岐線・その5

機関車が奥に進んで行き、暫くすると白い貨車を引き連れて戻ってきました。
d0046073_2084436.jpg
2014/05/02 EF24-105mm F4L IS USM
炭酸カルシウム並びに石炭灰(フライアッシュ)輸送に使われているホキ1000形貨車。調べてみると、ここ東藤
原駅から伊勢湾を挟んで反対側にある、衣浦臨海鉄道・碧南市駅まで炭酸カルシウムを輸送、帰りは碧南市駅
近くにある火力発電所から排出された石炭灰(フライアッシュ)を輸送するそうです。炭酸カルシウムは火力発電
所からでる排ガスから硫黄酸化物(SOx)を除去するために、フライアッシュはセメントに混ぜると強度が増す為
に特定の用途向けに使われるとか。珍しく双方向での輸送が実現されているのも特徴です。石油などは片道が
輸送で、帰りは返空(空荷)が普通ですから。



d0046073_2093782.jpg
2014/05/02 EF24-105mm F4L IS USM
d0046073_2093949.jpg
2014/05/02 EF24-105mm F4L IS USM
d0046073_2094262.jpg
2014/05/02 EF24-105mm F4L IS USM
名古屋駅付近で新幹線の車窓から何度か見ておりましたが、間近で見られたのは今回が初めてでした。
d0046073_2094559.jpg
2014/05/02 EF24-105mm F4L IS USM
d0046073_2094738.jpg
2014/05/02 EF24-105mm F4L IS USM
そうこうしている内に帰りの電車の時間となり、東藤原駅で停まっている貨物列車を尻目に名古屋へと戻ります。
d0046073_2095023.jpg
2014/05/02 EF24-105mm F4L IS USM
で、最後が、最初に乗ったラッピング車だったりするのはなぜ?こうして濃い2日間が終わりを告げました。

by wisteria_apr | 2014-06-04 20:26 | 鉄道(地方私鉄・公営) | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://wiste.exblog.jp/tb/20777786
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by 鉄夫婦@三重 at 2014-06-09 18:48 x
三重に来られてたんですね。
次回来られる機会がありましたら四日市で降りて内部・八王子線のパステルカラーの可愛らしいナロー
 (存続が危ぶまれていましたが、運営が近鉄→四日市市「四日市あすなろう鉄道」来春設立)
と、絶滅危惧種のDD51を堪能してください。あとなかなか今でも全区間は取りにくいですがしまかぜも。
三重には新幹線・空港がないのでおすすめできるのはこれくらいなんですよね…
あとは近鉄特急の新旧の組み合わせですね。ビスタEXは時刻表に載ってるから分かるんですが、
その他はAceや旧型のどの組み合わせで来るかわからないから撮影してて飽きないですよ。
両数もその時によって4・6・8と違いますし。
なので乗るときは当たり外れがあります。Aceに乗れてよかったですね。
Commented by wisteria_apr at 2014-06-10 20:22
>鉄夫婦さん、こんばんは。
今回は1泊2日だったこともあり、三岐鉄道をメインとしました。近鉄四日市
の路線も行ってみたかったので、こちらは次回の課題でしょうね^_^;

近鉄は何度か撮影もしているのですが、最近しまかぜも入っていますし
またどこか沿線で狙ってみたいものです。


<< 5/24 四半世紀ぶりの修学旅...      5/2 三岐鉄道・三岐線・その4 >>