Wisteria-Terrace@Photo-Diary

wiste.exblog.jp
ブログトップ
2015年 11月 05日

Strassenbahnに乗りたくて オーストリア・ウィーン(9)

OBBのRailjet、ウィーン西駅からザルツブルグ方面へ向かっていた列車がウィーン中央駅からの発車に変わる
みたいですね。空港へも延長運転する様にも見えましたので、利便性が上がるかもしれません。
d0046073_19203235.jpg
2015/10/18 EF24-105mm F4L IS USM
ともあれ、無事に入館。6€の入場料がウィーンカードのおかげで5€になりました。地味に役立っています^_^b




d0046073_19203376.jpg
2015/10/18 EF24-105mm F4L IS USM
d0046073_19203595.jpg
2015/10/18 EF24-105mm F4L IS USM
古い車庫内に早速年代物の車輌たちが出迎えてくれました。後日知りましたが、訪問の2週間前くらいに市交通
150周年のイベントがあり、その際にココに有る車輌たちをRingで運転したそうです。半分は動態保存車な
わけです。欧米は古い車輌などの保存が盛んだと言われますが、文化と言うか意気込みが違いますねぇ・・・。
d0046073_19203730.jpg
2015/10/18 EF24-105mm F4L IS USM
こちらは今のE1を単車にしたような車輌です。この辺りなら動かせると聞いても驚かないのですが。
d0046073_19203984.jpg
2015/10/18 EF24-105mm F4L IS USM
暗い冬が長い都市だからでしょうか?大きな窓をこさえて光を多く取り込めるようにしている車輌が目立ちます。
d0046073_19204140.jpg
2015/10/18 EF24-105mm F4L IS USM
こうして見ると、いつの時代も変わらず白と赤がウィーントラムの伝統色なのかもしれません。
d0046073_19204272.jpg
2015/10/18 EF24-105mm F4L IS USM
出口(左)と入口(右)を分けていた時代もあったようです。今ですと出入り口は大きく一つが主流ですね。
d0046073_19204569.jpg
2015/10/18 EF24-105mm F4L IS USM
トラムのモーター出力を大きめにして、貨車やトレーラーを牽引するのは昔からの手法だったようです。記憶が
正しければ広電にいるハノーバー電車もそうだったと思います。
d0046073_20224813.jpg
2015/10/18 EF24-105mm F4L IS USM
運転席が出窓になっているような車輌も・・・。理由は有ったのでしょうが、今では中々出来ないデザインかと。
d0046073_20225092.jpg
2015/10/18 EF24-105mm F4L IS USM
d0046073_20225242.jpg
2015/10/18 EF24-105mm F4L IS USM
縁起の良さそうな車輌も。こちらも随分と運転席の窓が出ておりました。視認性重視なのでしょうかね?

by wisteria_apr | 2015-11-05 20:35 | 海外旅行 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://wiste.exblog.jp/tb/22458628
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< Strassenbahnに乗り...      Strassenbahnに乗り... >>