2016年 09月 28日

9/24 日本民家集落博物館・その4

今週はとても長く感じてしまうのは、先週休みだらけだったからでしょうかね?
d0046073_20200409.jpg
2016/09/24 EF24-105mm F4L IS USM
芙蓉でしたっけ?古民家が立ち並ぶこの博物館の雰囲気にあっていました。彼岸花もそうですけどね。



d0046073_20200768.jpg
2016/09/24 EF24-105mm F4L IS USM
d0046073_20201374.jpg
2016/09/24 EF24-105mm F4L IS USM
南部の曲屋ですね。ちょうど何処かのグループに貸し出していたようで、母屋には入れませんでした。
うまやの方には入れたので、中に飾ってある農耕具などを見ることが出来ました。以前、岩手県の遠野に
行った際に曲屋を見学した事がありましたが、旧南部藩でしたら方面は同じですね。
d0046073_20201028.jpg
2016/09/24 EF24-105mm F4L IS USM
小豆島の農村歌舞伎舞台だそうです。神社の境内に建てられていたそうで、興業で周って来た歌舞伎を見て
村民達でも娯楽の一環として始めたような説明が書いてありました。ちょっとした市民劇団です。
d0046073_20201540.jpg
2016/09/24 EF24-105mm F4L IS USM
大きな栗の樹がありました。そう言うのも古民家が並ぶ農村らしくて良いですね。
d0046073_20201829.jpg
2016/09/24 EF24-105mm F4L IS USM
堺の田園地帯に多く並んでいた風車。灌漑用で真水をくみ上げていたのでしょうか。
d0046073_20202088.jpg
2016/09/24 EF24-105mm F4L IS USM
途端に南国の建物だと思ったら奄美大島の高倉でした。いわゆる高床式倉庫ですね。パッと見では保管庫
が見当たらなくて東屋の雰囲気でしたが、三角屋根の部分がそのまま倉庫になっていました。
d0046073_20203373.jpg
2016/09/24 EF24-105mm F4L IS USM
d0046073_20203698.jpg
2016/09/24 EF24-105mm F4L IS USM
係りの人が解説してくれたのは、摂津能勢の民家でした。どちらかと言えば丹波寄りの造りをしている民家
だそうです。この建物を建てた大工が丹波国で多く仕事をしていたのだろうとの推測でした。

by wisteria_apr | 2016-09-28 20:33 | 建築物写真 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://wiste.exblog.jp/tb/23518644
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< 9/24 日本民家集落博物館...      9/24 日本民家集落博物館... >>