Wisteria-Terrace@Photo-Diary

wiste.exblog.jp
ブログトップ
2017年 07月 21日

欧州トラム紀行~ヴルタヴァ川の流れの様に・その10

今日は奥さんが飲み会と言うことで、何処かで飲んで帰ろうかと思いましたが結局のところ、駅までお迎えの要請が有り得るので
飲まずに適当につけ麺を食べて帰宅している金曜日の夜です。逆パターンで迎えに来てもらう事の方が多いので、たまには^_^b
d0046073_19574152.jpg
2017/06/18 EF24-105mm F4L IS USM
引き続きMalostranskáで2系統のトラムを待ちつつ、やってくるトラムを迎撃します。よく見ると左のバスはISUZUですね。



d0046073_19574204.jpg
2017/06/18 EF24-105mm F4L IS USM
暑い中、分岐器(ポイント)を清掃している係員のそばをタトラT3がやってきました。プラハの市電は路線長も世界有数の
距離になっている上、色んな経路系統があるので清掃・整備するポイントの数も相当あるのでしょうねぇ・・・。
d0046073_19574284.jpg
2017/06/18 EF24-105mm F4L IS USM
d0046073_19574251.jpg
2017/06/18 EF24-105mm F4L IS USM
色合いが違うと思ったらエミレーツ航空のラッピング車でした。ドバイ経由で行くと時間はかかるのですが、値段は安い
ので、今度欧州方面に行く時は検討してみようかと。ヘルシンキの乗り継ぎの良さと時間の短さも捨てがたいですけどね。
d0046073_19574361.jpg
2017/06/18 EF24-105mm F4L IS USM
少し前からhistoric lineと称してタトラT3の幕車を使って運行している23系統がやってきました。高台にあるプラハ城の
真裏にあって城へのアクセスが容易な電停に行く22系統と近いルートを通るので、この古いタトラT3が走る23系統に乗って
城に行くという手もあったのですが、今更ながら乗りそびれました^_^;
d0046073_19574358.jpg
2017/06/18 EF24-105mm F4L IS USM
そうこうしている内に改造したタトラT3で運行されている2系統がやってきたので乗車。電停が判り難いと思ったら車内に
こんな案内表示がありました。発音は出来なくとも適当にローマ字読みすれば何とかなるので、コレは楽でしたね。
d0046073_19574370.jpg
2017/06/18 EF24-105mm F4L IS USM
やってきたのはプラハ市内交通博物館(Muzeum městské hromadné dopravy)。ウィーンに続いてこういう施設は2回目です。
開園は3/25~11/19の土日祝、9:00~17:00で入場料は大人50kczなので、200円程度です。
d0046073_19574396.jpg
EF24-105mm F4L IS USM
d0046073_19574496.jpg
EF24-105mm F4L IS USM
d0046073_19574444.jpg
EF24-105mm F4L IS USM
ウィーンの時もそうでしたが、意外と地元民と思われる子供連れがいるんですよね。どちらかと言えば地味な施設ですけど。
あと、恐らく海外に在住していると思われる雰囲気の日本人家族もいらっしゃいました。

by wisteria_apr | 2017-07-21 20:17 | 海外旅行 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://wiste.exblog.jp/tb/24996415
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< 欧州トラム紀行~ヴルタヴァ川の...      欧州トラム紀行~ヴルタヴァ川... >>