Wisteria-Terrace@Photo-Diary

wiste.exblog.jp
ブログトップ
2018年 07月 08日

6/23 美しく青きドナウの真珠(2) ヘルシンキからブダペスト

3日以上続いた雨はやっと止みましたが、その爪痕は九州や四国、中国地方に大きな爪痕を残したようです。
被災した方々が1日も早く日常を取り戻すことを祈りつつ、今日の更新となります。

--------
d0046073_20565778.jpg
2018/06/23 G7XII
HEL→BUD AY1255の機材はA321(OH-LZE)でした。夏休みシーズンで乗客も増えているのでしょうね。



d0046073_20565718.jpg
2018/06/23 G7XII
2時間20分程度でブダペスト最寄りの「リスト・フェレンツ国際空港」に到着しました。外観とは裏腹に結構イマドキです。
と思ってみたら荷物受け取り場所などは、結構な共産圏でした・・・。ともあれ荷物も無事に引き取って市内へ移動します。
d0046073_20570844.jpg
2018/06/23 G7XII
機械で買えるのは事前に判っていましたが、ちょうど見かけたのでBKK(ブダペスト交通局)のカウンターでバス100E番の
チケットを購入。エアポートバスとも呼ばれていて、900HUF(日本円で360円くらい)でした。
d0046073_20570868.jpg
2018/06/23 G7XII
ハンガリー語は全く分からん、と思いながらバス停を目指します。途中ではミニバスなどが客引きしていました。とは言え子供連れや
複数人いる場合は目当てのホテルまで運んでくれるので、これはこれでアリだと思います。しかも料金は事前にカウンターで払うみたい
なので、現地で揉めることもなさそうですし。
d0046073_20570805.jpg
2018/06/23 G7XII
こちらは200E番のバス。普通はこれに乗って地下鉄M3の駅まで移動して、地下鉄で市内へ向かうのが安価で確実、運行頻度も高いと
言う事なしなのですが、ちょうど地下鉄M3がリフレッシュ工事中&土日は全線運休でバス代行という状況。長旅の疲れもあることから、
今回は乗り換えも少なく楽できるエアポートバスを選択しました。この辺りは気力でどちらを選択しても良いですね。
d0046073_20570935.jpg
2018/06/23 G7XII
今回ブダペストに来て、一番感心したのはコレ。チケット券売機なのですが、タッチパネル式で英語表記もOK、更にクレジットカード
も普通に使えるという代物です。なによりバス停や電停などには必ず設置してあり、カードも飲み込まれないように引き抜ける構造に
なっていました。治安面で不安があった国ですが、これらが壊されたり落書きされていない所を見ると、誤解していたかもしれません。
d0046073_20570965.jpg
2018/06/23 G7XII
やってきたバスはメルセデスベンツの「Conecto」という連接バスでした。低床で広いのですが、荷物置き場が無いので適当に座席を使うか
狭くなるをの覚悟で通路に置くしかありません。結局、乗客が増えてきたので通路に置いて手で押さえておきました。ワイヤー錠もあるので
出来れば棚が置いてあると有難いですねぇ・・・。他の路線でも使うことを想定しているので専用装備(荷物棚)はないのだと思います。
d0046073_20570964.jpg
2018/06/23 G7XII
d0046073_20570923.jpg
2018/06/23 G7XII
降車ボタンとSOSボタン。ただ赤い方にSTOPと書いてあるので、日本人などは降車ボタンの代わりに押してしまいそうな気がします。
SOSとかEmergencyと書いてあるので、何となく分かりますけど^_^;

by wisteria_apr | 2018-07-08 21:18 | 海外旅行 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://wiste.exblog.jp/tb/26973127
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< 6/23 美しく青きドナウの...      6/23 美しく青きドナウの真... >>