Wisteria-Terrace@Photo-Diary

wiste.exblog.jp
ブログトップ
2018年 09月 13日

6/28 美しく青きドナウの真珠(58) Wiener Riesenrad ウィーン大観覧車

昨日と今日は東京に出張しておりました。メインは自分と言うより中途採用された新人さんなので、その引率係でした^_^;
d0046073_21024081.jpg
2018/06/28 G7XII
お土産屋さんなどで見かけた「No Kangaroos Austria」のバッグを持っている人がいました。

続きます

# by wisteria_apr | 2018-09-13 21:14 | 海外旅行 | Trackback | Comments(0)
2018年 09月 11日

RICOH THETA SCを買ってみました。

以前から旅行の際に周りの景色や雰囲気をどうやって収めようかと考えておりました。そんな折にリコーのThetaを知りまして
デジタルガジェットとして俄然ほしくなりました。と言う事で、財務省(奥さん)の許可を頂き購入した訳です。
で、htmlタグを貼り付けようとしたら、有料コースのランクにより一番安いコースでは使用できないみたいです。
と言う事で・・・
d0046073_21172018.jpg
2018/09/11 ThetaSC
実際のJpeg画像はこんな具合に変な感じです。これをきちんと処理すると、以下のリンクの通りです。

Theta360.com


とりあえず、使ってみたところの感想ですが、綺麗に仕上げるにはPCでキッチリと補正してから出した方が良さそうと言う所です。
HDR合成モードなどもありますが、2枚撮影して合成するタイプなので、周囲に動きがあったり撮影者が動くと破綻します・・・^_^;
とは言え、いつでもどこでも三脚を使うわけにはいかないので、後処理で仕上げるのが良いのかなと個人的な見解が出た訳です。

休日に晴れたら、千里川の土手で動画撮影なども試してみたいものですね。なお、気をつけないと自分がばっちり入ってしまいます。
逆に活用すると、腕を横に伸ばして撮影すると自撮り&風景も入ると言う旅行やイベントに最適な撮影も可能だったりしますね。

# by wisteria_apr | 2018-09-11 21:19 | 雑談 | Trackback | Comments(0)
2018年 09月 10日

6/28 美しく青きドナウの真珠(57) Café im Kunsthistorischen Museum Wien

ウィーンの美術史美術館ですが、大きな荷物の持ち込みはNGとなっております。と言う事で、コインロッカー(後からお金は戻ります)に
カメラバッグと一眼レフを預けてしまい、身軽なコンデジ片手に見回る事にしました。
d0046073_20452297.jpg
2018/06/28 G7XII
エントランスを内側から1枚。この時にきちんと館内の案内図を見ておくべきだったんですよねぇ・・・。

続きます

# by wisteria_apr | 2018-09-10 20:57 | 海外旅行 | Trackback | Comments(0)
2018年 09月 09日

6/28 美しく青きドナウの真珠(56) Kunsthistorisches Museum Wien

ちょっとしたガシェットを購入したのですが、こう天気が悪いと試してみる機会に恵まれません・・・。せめて晴れないかなぁ。
d0046073_13143939.jpg
2018/06/28 EF24-105mm F4L IS USM
3年前にも乗った電気式ディーゼル機関車牽引のREX(スロバキアの首都ブラチスラバ行き)が止まっていました。

続きます

# by wisteria_apr | 2018-09-09 13:29 | 海外旅行 | Trackback | Comments(0)
2018年 09月 08日

6/28 美しく青きドナウの真珠(55) Wien Hauptbahnhof・その2

昨晩は大雨だったようで、真夜中に災害情報(大雨洪水警報)のメールが届いて、若干睡眠不足になっている土曜日です・・・。
d0046073_10393705.jpg
2018/06/28 EF24-105mm F4L IS USM
待合室にポスターがあったので1枚。高速バスに対向する為の値段でしょうか。もう少し英語等が堪能ならば、トラブルが起きても
対応しやすいので、こう言ったLCCの様な列車にもチャレンジ出来るのですが・・・。OBBとかCDの方が安心して乗れます。

続きます

# by wisteria_apr | 2018-09-08 10:54 | 海外旅行 | Trackback | Comments(0)